セフレ 調教

処女
はい、みなさんこんにちは!
全国100万人のエッチな男の頼れる兄貴、ドクター高津です(笑)。

この記事を読んでいるエッチな男性は「君のセフレを調教する方法」という過激なタイトルに惹かれて読み始めたんだと思う。

実際に今セフレがいて、そのセフレが自分から離れないように調教したいと具体的に思っている人もいるだろうし、これから何となくセフレを作りたいけど、セフレって一回一回出会い系サイトとかで調達しなくちゃいけないから、すごくなんだか疲れてしまう、もっとセフレとの関係が持続する方法がないのかな…という方法を期待しているのかもしれない。

この記事をよく読めば、そのどちらもかなうということを私が保証しましょう。
まず、大前提として調教といっても、いきなりSMとかを持ち出さないこと(笑)。
ここで私がいう調教というのは、もっとソフトなメンタルな、デリケートなものなんだ。

それはキャッチフレーズ的にいうとこうなる。
女の子の「不安」と「不満」をケアして心と体両面から調教をしようということなんだ。
このことを理解しておけば、調教されたセフレは君から離れていかないし、それから普段やっているセックスも、もっともっと女の子を満足させてあげられるように変わるはず。

男も多少はそうなんだけど、女の子にとってセックスというのは、その子の抱えている普段の不安を一気に解放してくれる魔法の行為という側面が大きいんだ。

だからラブシーンとかで女の子が男の子に思わずしがみつく、というのがあるだろう。
あれはどこに行っちゃうかわからない自分の心をつなぎとめて欲しい、という不安の表れなんだ。
男は思わずす彼女にしがみついたりはしないだろう(笑)。
女の子は、なんらかの「不安」を内側に常に抱えてる生き物なんだよね。

それと女の子はセックスをすると、いろんな「不満」も一気に解決してしまうという特性があるんだ。

これは男が会社で嫌なことがあっても、居酒屋で友達とお酒を飲んだらそれでかなりもってる不満が解消できるのと似ているかもしれないね。
女の子はお酒じゃなくてセックスというわけだ。

だから君にアドバイスしたいのは、いきなりセックスし始めるんじゃなくて、セックスの前に、上手に女の子の今抱えている「不安」と、「不満」を聞き出すということだ。

そして、そのことに優しい言葉をかけてあげてから、実際にセックスしてごらん。
君のセックスはその時魔法になるんだよ。
これは立派な調教になるんだ。
この効果はすごいよ。

単なるセフレだったのに、いつか君に「不安」と「不満」を癒される調教を繰り返されたら・・・。
きっと彼女の方から本気になって君を離さない、なんていうことになるはずだよ。
婚前交渉
処女喪失

初体験

 世の中にはセックスレスになってしまっている夫婦が沢山いるなんてテレビでも取り上げられていたりしますけどね。
実際に美人でスタイルの良い人妻だってセックスレスで悩んでいたりするみたいです。
俺の初体験の相手になってくれたのは、34歳の美人奥様だったんです。
彼女の家庭もセックスレスでここ数年は肉体関係を楽しんでいないと言うのですから驚きました。
写メを見たらとっても美人だし、スタイルだって良さそうだし、信じられない気持ちでした。
童貞だった俺は何とかセックスをしようと彼女に猛烈にアプローチをしていき、初体験の相手として会ってくれることになったのです。

 初体験の相手と待ち合わせをすることは嫌と言うほど心臓をバクバクさせてくれました。
やってきてくれた人妻は、写メで見るよりも遥かに美人だったし、素晴らしいオーラを発散した女性だったのです。
この人がセックスレスなんて、考えられないほど綺麗でスタイルのいい女性でした。
初体験をする、それもこんなに素適な相手ですからテンションだって勝手に盛り上がっちゃいました。
処女捨てたい女性との出会い

 ラブホテルに入り、彼女の身体を触って行きました。
初めての相手があまりに美しい女性だし、手が震えてしまったんです。
それでもペニスはしっかり勃起をして、天を仰いで行きました。
裸になって、お互いに触りあって思いっきり感じていったんです。
彼女の手コキやフェラのテクニックはとっても気持ちよくって、発射寸前まで追い込まれてしまったんです。
挿入前に出しちゃったらカッコ悪いですからね、すぐ中止してもらって彼女のオマンコを舐めて行きました。
美人で美マン、若干のマン臭もするオマンコたっぷりと舐め、そして穴に突っ込んでいったのです。
美人のオマンコの穴に挿れていると考えてるだけでも凄く興奮するのに、肉穴に締め付けられたペニスはさらなる快楽を得て、興奮度も半端では無くなっていました。
無我夢中でピストン運動をして、彼女のオマンコの中の快楽を追求して、たっぷり射精していけたのです!
セックスレスの美人奥様と初体験、これ以上ないという経験をさせてもらいました。