セフレ 調教

処女
はい、みなさんこんにちは!
全国100万人のエッチな男の頼れる兄貴、ドクター高津です(笑)。

この記事を読んでいるエッチな男性は「君のセフレを調教する方法」という過激なタイトルに惹かれて読み始めたんだと思う。

実際に今セフレがいて、そのセフレが自分から離れないように調教したいと具体的に思っている人もいるだろうし、これから何となくセフレを作りたいけど、セフレって一回一回出会い系サイトとかで調達しなくちゃいけないから、すごくなんだか疲れてしまう、もっとセフレとの関係が持続する方法がないのかな…という方法を期待しているのかもしれない。

この記事をよく読めば、そのどちらもかなうということを私が保証しましょう。
まず、大前提として調教といっても、いきなりSMとかを持ち出さないこと(笑)。
ここで私がいう調教というのは、もっとソフトなメンタルな、デリケートなものなんだ。

それはキャッチフレーズ的にいうとこうなる。
女の子の「不安」と「不満」をケアして心と体両面から調教をしようということなんだ。
このことを理解しておけば、調教されたセフレは君から離れていかないし、それから普段やっているセックスも、もっともっと女の子を満足させてあげられるように変わるはず。

男も多少はそうなんだけど、女の子にとってセックスというのは、その子の抱えている普段の不安を一気に解放してくれる魔法の行為という側面が大きいんだ。

だからラブシーンとかで女の子が男の子に思わずしがみつく、というのがあるだろう。
あれはどこに行っちゃうかわからない自分の心をつなぎとめて欲しい、という不安の表れなんだ。
男は思わずす彼女にしがみついたりはしないだろう(笑)。
女の子は、なんらかの「不安」を内側に常に抱えてる生き物なんだよね。

それと女の子はセックスをすると、いろんな「不満」も一気に解決してしまうという特性があるんだ。

これは男が会社で嫌なことがあっても、居酒屋で友達とお酒を飲んだらそれでかなりもってる不満が解消できるのと似ているかもしれないね。
女の子はお酒じゃなくてセックスというわけだ。

だから君にアドバイスしたいのは、いきなりセックスし始めるんじゃなくて、セックスの前に、上手に女の子の今抱えている「不安」と、「不満」を聞き出すということだ。

そして、そのことに優しい言葉をかけてあげてから、実際にセックスしてごらん。
君のセックスはその時魔法になるんだよ。
これは立派な調教になるんだ。
この効果はすごいよ。

単なるセフレだったのに、いつか君に「不安」と「不満」を癒される調教を繰り返されたら・・・。
きっと彼女の方から本気になって君を離さない、なんていうことになるはずだよ。
婚前交渉
処女喪失